コーヒーの木をたくさん増やして、今度、自家製コーヒープチでコーヒーを淹れたいだ。

わたくしは、ホビーで色々な観葉植物を育てていらっしゃる。その中に、コーヒーの木があります。読んで言葉のごとく、コーヒーの元となるコーヒー耳よりが実る木だ。自宅で、コーヒーの木を育てられるのか?といったお思いの方もいらっしゃると思いますが、育て上げること自体は難しくありません。寒さに少し弱いので、冬だけ院内に取り込む必要がありますが、それ以外はいまひとつ手間もかからず、すくすくと育っていらっしゃる。1メートルくらいのがたいに成長すると白い花を咲かせ、それがコーヒー耳よりとなりますわたくしは以前から、こういうコーヒーの木から取れたコーヒー耳よりでオリジナルコーヒーを淹れたいと思っていました。前年、ついに花が咲き、実がなりましたが、コーヒーにするだけの量は実りませんでした。ですから、今年は、数年後にたくさんのコーヒー耳よりを実績できるように、挿し木と言われる方法で、コーヒーの木を足しました。挿し木の戦術は簡単で、コーヒーの木の枝を短く切って、それを壌土に刺しておくだけだ。カサカサしないように注意しつつ、日陰に置いておくと、月もすれば根を出し、適切コーヒーの苗木となります。こういう苗木はちょっとしょうもないので、実を塗るのは数年業者ですが、がんばってそだてて、次回、オリジナルコーヒーを飲みたいとしていらっしゃる。。

ルメントシャンプー公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です